2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス | 2020年9月1日号[テーマ:皮膚]

2020年09月01日号

テーマに沿って、アートやデザインにまつわる書籍の購買冊数ランキングをartscape編集部が紹介します。今回のテーマは、足利市立美術館(栃木県)で2020年11月3日(火・祝)まで開催中の展覧会「瞬く皮膚、死から発光する生」にちなみ「皮膚」。このキーワード関連する、書籍の購買冊数ランキングトップ10をお楽しみください。
ハイブリッド型総合書店honto調べ。書籍の詳細情報はhontoサイトより転載。
※本ランキングで紹介した書籍は在庫切れの場合がございますのでご了承ください。

「皮膚」関連書籍 購買冊数トップ10

1位:青空

歌詞:真島昌利
絵:Botchy-Botchy
発行:現代書館
発売日:2019年12月16日
定価:1,300円(税抜)
サイズ:22cm

生まれた所や皮膚や目の色で、いったいこの僕の何がわかるというのだろう──。いつの時代に口ずさんでも同じ強い力を持っている、ザ・ブルーハーツの名曲「青空」を絵本化。吉本ばななのメッセージも収録。


2位:マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustuion−燃焼 完全版(ハヤカワ文庫 JA)

著者:冲方丁
発行:早川書房
発売日:2010年10月
定価:700円(税抜)
サイズ:16cm、324ページ

少女は戦うことを選択した──人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したバロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力と正確無比な射撃で、次々に相手を仕留めていくバロット。しかしその表情には強大な力への陶酔があった。やがて濫用されたウフコックが彼女の手から乖離した刹那、ボイルドの圧倒的な銃撃が眼前に迫る。緊迫の第2巻。


3位:ANIMAL MODELING 動物造形解剖学

著者:片桐裕司
発行:玄光社
発売日:2017年5月26日
定価:2,700円(税抜)
サイズ:26cm、170ページ

皮膚にあらわれる骨格の凹凸、動きによって形を変える肢体の筋、光と影による筋肉のかたち──。造形家の視点からとらえた、動物造形解剖学の決定版。ハリウッド造形界のトップの立体作品を彫刻レクチャーとともに収録する。



4位:島々百景

文と写真:宮沢和史
発行:ラティーナ
発売日:2019年7月3日
定価:2,500円(税抜)
サイズ:18×18cm、167ページ

その音楽を産んだ土壌に、人々に会いたくて旅に出るのだ。なぜその音楽が生まれたのか。それを皮膚で知り、感じたいからなのだ──。歌手の宮沢和史が、音楽に誘われ旅した島々の記憶を綴る。『月刊ラティーナ』連載を書籍化。



5位:ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う

著者:岡田温司
発行:勁草書房
発売日:2000年5月
定価:3,700円(税抜)
サイズ:20cm、275+13ページ

絵の見方、美術の歴史を「父の機能」の一党支配から解放する戦略とは? 無意識のイデオロギーを相対化し、主体、トラウマ、メディウムと皮膚、見る・触れる、メタファー・メトニミー等の観点から試行する。



5位:考える皮膚 触覚文化論 増補新版

著者:港千尋
発行:青土社
発売日:2010年3月
定価:2,400円(税抜)
サイズ:20cm、308ページ

棘の芸術、タトゥー・ブーム、皮膚の色の政治学、盲目論、世界皮膚の夢……。エスニック芸術からテクノロジーに至るまでの領域を渉猟してさぐる、時代のうごきを先鋭的に捉えた触覚文化論。



5位:どうぶつのことば 根源的暴力をこえて

著者:鴻池朋子
発行:羽鳥書店
発売日:2016年9月5日
定価:3,400円(税抜)
サイズ:22cm、365ページ

人間の思索のみに閉じるアートに、皮膚の森から啼き声があがる。芸術の始まりに立ち戻り、人間がものをつくることを問い直す。人間と動物の境界に出現するアートを求めて、様々な専門家との対話の旅をする。いままでのものとは全く違う想像力と出会った鴻池朋子が、語り、書く。



8位:かなでるからだ 混声合唱とピアノのための(合唱 混声)

作曲:森山至貴
詩:みなづきみのり
発行:音楽之友社
発売日:2016年5月14日
定価:1,800円(税抜)
サイズ:30cm、62ページ

「皮膚、肌」「膝」「骨」「肩」の4曲からなる組曲。「人体」をテーマにした詩は肌や骨の手触り、その存在感をコミカルに描きながら、歌い手はそれを体全体で表現する。激しくビートを刻んでアクロバチックに、ときには高音を絶唱し、狂おしく優しく人生の悲喜を、体温の熱さを奏でる。



9位:クラシック野獣主義

編著:鈴木淳史
発行:青弓社
発売日:2013年6月21日
定価:1,600円(税抜)
サイズ:19cm、173ページ

クラシックは一度はまれば出口がない怪しくも魅惑に満ちた世界だ! 迷宮のなかで頼りになるのは自分の感性だけ。聴くことの快楽を突き詰めた達人たちのほとばしる感性に身をゆだねて皮膚感覚を研ぎ澄ませ、クラシックに耽溺しつくすための咆哮的論考集。



9位:銘機礼讃2 語りだすディテール

著者:田中長徳
発行:日本カメラ社
発売日:1996年11月
定価:2,117円(税抜)
サイズ:20cm、276+16ページ

塗り直しライカの皮膚感覚、チープシックのリコーカメラ、指のパワーを保存するカメラ、気になるカメラがひしめきあう、カメラエッセイ。「銘機礼讃」から4年、待望の続編。



9位:CGテクスチャプロ技55 現場で使える実践テクニック+フリー素材

著者:岩崎塁、櫻井克彦
発行:ワークスコーポレーション
発売日:2010年12月
定価:3,800円(税抜)
サイズ:26cm、263ページ

大理石、土、木、ヘアライン、人の皮膚、紙……。3DCG作成において頻繁に使用するテクスチャを厳選し、その作成方法を分かりやすく解説。写真撮影のコツや動画のマッピングなども掲載。





artscape編集部のランキング解説

「『皮膚』は、人の存在そのものを包んで成り立たせる役割を担っています。私たちは『皮膚』を通して、他者や光景の中に宿る無数の命と、生涯を通じ呼応し続けています」。これは足利市立美術館で開催中の、写真を中心とした企画展「瞬く皮膚、死から発光する生」のステートメントからの引用です。今回のランキングでも、書誌情報の本の説明のなかに「皮膚で知る/感じる」「皮膚感覚」といった表現が用いられていたことでランクインしている本が少なくありません。皮膚は感覚器官のひとつとして日常のなかで敏感に機能し、人々に強いイメージを想起させ続けているのでしょう。
その文脈で特に注目したいのが、5位にランクインした『考える皮膚 触覚文化論 増補新版』。写真家/映像人類学者である著者が古今東西の彫刻、絵画、写真、広告、あるいは民俗学的なアプローチから、皮膚を「脳のひろがり」として捉え直し、触覚についての思索をアップデートできる豊かな一冊です。続けて読むのにおすすめしたいのは、牛革などを素材に用い、「表皮」のイメージを観る者に喚起させる《あたらしい皮膚》《皮緞帳》などの作品でも知られるアーティスト・鴻池朋子による対談集『どうぶつのことば 根源的暴力をこえて』(同列5位)。鴻池が、考古学やおとぎ話の研究者などさまざまな分野の専門家と対峙し「芸術の始まり」をめぐって語る言葉には、先述の『考える皮膚』との親和性が感じられるところもあり、彼女の作品だけでなく、芸術作品全般の見方が拡張されるはず。
一方、ザ・ブルーハーツの楽曲世界を絵本化した『青空』(1位)や、金属繊維による人工皮膚を移植された少女が主人公として戦うSF作品『マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustuion−燃焼 完全版』(2位)など、「皮膚」というキーワードを起点に、技術書からフィクションまでバラエティ豊富なランキングになりました。暑さも次第に落ち着いてくるこれからの季節、環境の変化にも身体感覚を研ぎ澄ませつつ、読書を楽しんでみてください。


ハイブリッド型総合書店honto(hontoサイトの本の通販ストア・電子書籍ストアと、丸善、ジュンク堂書店、文教堂など)でジャンル「芸術・アート」キーワード「皮膚」の書籍の全性別・全年齢における購買冊数のランキングを抽出。〈集計期間:2019年8月20日~2020年8月19日〉

2020/09/01(火)(artscape編集部)

artscapeレビュー /relation/e_00053939.json l 10163909

2020年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ