2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

有元伸也「Tokyo Debugger 2019」

2020年09月01日号

会期:2020/07/21~2020/08/02

TOTEM POLE PHOTO GALLERY[東京都]

「Tokyo Debugger」というタイトルは、かなりインパクトがある。Debugger(デバッガ)というのは、コンピュータのバグ(虫=エラー)を取り除く作業を支援するプログラムのことだが、有元の今回の展示には本物の「虫」たちが登場してくる。有元は主に東京郊外の高尾山や奥多摩地域で、マクロレンズをつけた6×6判レンズを使って昆虫、菌類などを撮影した。その精度の高いモノクローム・プリントを見ていると、彼の本気度が伝わってくる。

有元のこれまでのメイン・テーマは、『TOKYO CIRCULATION』(Zen Foto Gallery、2016)や『TIBET』(同、2019)のような、新宿・歌舞伎町界隈やチベットなどで出会った人物たちを、腰を据えて撮影したポートレートである。では、それらと今回の「虫」の写真に、まったくかかわりがないのかといえばそうではないだろう。人間たちも距離を置いて俯瞰してみれば、「虫」たちと同様に、宇宙や自然の営みのごく小さな歯車にすぎない。むしろ、有元が高尾山などでよく出会ったという昆虫採集に夢中になっている少年のほうが、そのあたりの機微はよく承知しているのではないだろうか。いわば、マクロとミクロとを往還する視点を持つことによって、有元が人間世界に向ける眼差しにも、より深みが加わってきているのではないかと思う。

なお、有元は「Tokyo Debugger」シリーズを、すでに2015年9月に銀座ニコンサロンで発表している。そのときと今回の写真をあわせて、10月にはZen Foto Galleryから同名の写真集が刊行される予定である。そちらも楽しみにしたい。

関連レビュー

有元伸也「TIBET」|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2019年04月15日号)

有元伸也「ariphoto vol.32」|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2018年10月01日号)

有元伸也「TOKYO CIRCULATION」|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2016年08月15日号)

有元伸也「チベット草原 東京路上」|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2016年04月15日号)

2020/08/01(土)(飯沢耕太郎)

2020年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ