2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17

2020年09月01日号

会期:2020/07/28~2020/09/22

東京都写真美術館2階展示室[東京都]

東京都写真美術館で毎年開催されている「日本の新進作家」は、今回で17回目を迎えた。いつも楽しみにしている企画だが、今年は特に感慨深い。いうまでもなく、コロナ禍で開催が危ぶまれていたからだ。出品作家たちも、この状況下で展覧会を開催するということを意識しつつ、作品を選定、構成したことが充分に伝わってきた。

出品作家は岩根愛、赤鹿麻耶、菱田雄介、原久路&林ナツミ、鈴木麻弓の4人+1組である。東日本大震災で被災した宮城県女川町の実家の写真館から流出し、拾い集められた写真群、遺された実父のレンズで撮影した街の風景などで構成された鈴木麻弓の展示は初めて見たが、あとはこれまでずっとフォローしてきた写真家たちだ。とても嬉しかったのは、彼らがそれぞれ新たな方向に向かう意思を明確に表明した作品を出品していたことだった。

岩根愛は、2020年の春に郡山、一ノ関、北上、遠野、八戸など、東北各地で撮影した桜と祭礼の写真を「あたらしい川」というタイトルで展示している。赤鹿麻耶は、実在するという「氷の国」についての写真、スケッチ、メモ、言葉、音などを混在させて、時空を越えた物語を構築した。菱田雄介は静止画像と動画の中間形というべき「30sec」シリーズを含めて、「border」をテーマに撮影してきた写真群をまとめ直した。新聞記事、TV画面、街のスナップなどを1枚のパネルにおさめた「Corona」からは、「いま」を表現したいという意欲が伝わってきた。原久路&林ナツミは、現在住んでいる大分県別府で、子供から大人へと変貌していく少女たちを撮影した「世界を見つめる」を出品した。

鈴木麻弓も含めて、ポジティブな世界観を表出している作品が多い。それもおそらく、怖れや不安が世界中を覆っているこの時期だからこそではないだろうか。岩根愛は、展示にあわせて写真集『A NEW RIVER』(bookshop M)を刊行したが、ほかの出品者たちの力作もぜひ写真集にまとめてほしい。

関連レビュー

至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2020年02月01日号)

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2018年12月15日号)

無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14|村田真:artscapeレビュー(2018年02月01日号)

無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2018年01月15日号)

総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13|五十嵐太郎:artscapeレビュー(2017年02月15日号)

総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2016年12月15日号)

路上から世界を変えていく 日本の新進作家 vol.12|五十嵐太郎:artscapeレビュー(2014年02月15日号)

日本の新進作家 vol.12 路上から世界を変えていく|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2014年01月15日号)

この世界とわたしのどこか 日本の新進作家 vol.11|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2013年01月15日号)

2020/08/06(木)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00053860.json l 10163899

2020年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ