2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

夜と昼/アラン・セシャス

2009年02月01日号

会期:10/31~1/18

メゾンエルメス8階フォーラム[東京都]

パリ在住のアーティスト、アラン・セシャスの個展。会場内に敷いたレールの上を3体の擬人化されたネコが移動していく《夢遊病者たち》やエルメスのスカーフ、カレをモチーフにしたネオン作品《カレ海賊》、渦巻状の模様が高速で回転していく《エミール・クーエへのオマージュ》などが発表された。真っ白のネコ人間が目を閉じて両手を突き出しながらさまよう様子は、文字どおり白昼夢を見ているかのようだったが、最後の一匹だけは眼を見開き、しかもコートの下の興奮状態を隠していないせいか、まるで延々と尾行してくる変質者のようで、不安にさせられる。

2009/01/18(日)(福住廉)

2009年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ