2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

artscapeレビュー

『ザ・ウォーカー』

2010年08月01日号

会期:2010/06/19~2010/07/22

丸の内ピカデリー[東京都]

アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督作品。出演はデンゼル・ワシントン、ゲーリー・オールドマンほか。マッドマックス的な近未来世界を描いたアクション映画だが、クリアでシャープな映像と不自然なほど小奇麗なファッションのおかげで、どうにもMTVのような軽さを感じてならない。そのため、物語の重要なアイテムとなっている「聖書」の存在が奇妙に浮き足立ち、結果的に物語のすべてがキリスト教賛美のイデオロギーに回収されてしまった。中国やアラブ諸国の急成長によって脅かされつつある西洋社会の合理的な秩序を世界に再建しようとする「保守反撃」の映画に見えた。

2010/07/01(木)(福住廉)

2010年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ