2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

2011年07月01日号のレビュー/プレビュー

モノトーンのかたち──陶芸の領域にある表現

会期:2011/05/28~2011/06/25

YOD Gallery[大阪府]

現代美術を扱うYOD Galleryが、美術と陶芸をめぐる芸術上のヒエラルキーのあり方に疑問を抱き、美術の視点から陶芸をとらえようとした3人展。サンドブラストによる幾何学模様が印象的な北野勝久の花器や皿、手びねりの半磁土が幻想世界を生み出す新宮さやかの花、陶でできた配管が壁中に張り巡らされる三木陽子のインスタレーションが出品された。3人とも黒と白のモノトーンによる表現であるが、これはまったくの偶然であったという。ギャラリーのウェブサイトによれば、色彩の限定は、造形表現を強調するための一要素になるという見方ができる。
それはつまり、3人のアーティストたちが、陶だからこそ生み出し得る造形に惹かれているということなのではないか。実際、陶を表現手段とする作家の多くは、土を触り、それがかたちになることに魅せられてこの媒体を選んでいる。すなわち彼ら彼女らにとっては、まず表現したい何かがあり、その手段として土を選ぶのではなく、土に対する愛と表現とが最初から分かちがたく結びついているのである。
この結びつきはおそらく、美術と呼ばれるものよりも、工芸やデザインにより特徴的な要素であろう。少なくとも観る側の意識においては、美術とは、素材や技法から遊離した主題やメッセージ性が際立つものに違いないからだ。そうした意味では、陶製の導管によるインスタレーションという陶芸のテーマを裏切るような三木の作品と、枯れたような花が陶であることを忘れさせる新宮の造形は、陶による美術として解されやすいものかもしれない。とはいえ、新宮の花の妖艶さは陶でなければ表現できず、三木の導管もまた、作者にとっては「土が流れるイメージ」、すなわち陶そのものに他ならないのだ。
北野の器はもっとも陶芸の伝統に忠実であるようにみえるが、ろくろ成形とマスキングによるサンドブラストという技法と結びつくのは、おそらく「装飾」のあり方に対する作者の関心であろう。装飾という概念は、長年、美術からも工芸からも排除されてきたものだが、美術の現況をみると、どうも装飾が、近年の隠された動向の鍵を握るように思える。すなわち、観念的なものの対極にあると見なされてきた「装飾」が、若手作家たちからは現代美術の新たな視座として注目されているように思えるのだ。北野、三木、新宮の陶の作品は、そのような新たな手がかりを指し示すものであるかもしれない。[橋本啓子]

2011/06/14(火)(SYNK)

ミツバチの羽音と地球の回転

会期:2011/02/19

ユーロスペース[東京都]

原発の問題に一貫して取り組んでいる鎌仲ひとみ監督によるドキュメンタリー映画。山口県の上関原発計画に反対する祝島の島民たちの暮らしを丁寧に描きながら、脱原発の方針のもと自然エネルギー社会にシフトしつつあるスウェーデンの事例を紹介する展開が小気味よい。反対運動を粘り強く繰り広げる島民に向かって、電力会社は島の貧しい暮らしを原発によって救済してやるという旨の言葉を吐いているが、東日本大震災を経た今となっては、このレトリックは完全に破綻してしまった。それでもなお原発の維持をもくろむ勢力は、脱原発の運動に「代替案を示せ」と迫るが、具体的な代替案はこの映画に凝縮して描かれている。世話をしてやるという顔をしながら近づいてくる怪しいやつには、思い切って「大きなお世話だ」と言ってやろう。

2011/06/15(水)(福住廉)

特別展 浅川巧(たくみ)生誕百二十年記念「浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟の心と眼──朝鮮時代の美」

会期:2011/04/09~2011/07/24

大阪市立東洋陶磁美術館[大阪府]

浅川伯教(1884-1964)は1913年、日本統治下の植民地朝鮮に小学校の教員として赴任した。その翌年、弟の巧(1891-1931)が朝鮮総督府の林業試験所の仕事に就き、二人の朝鮮での生活がはじまった。朝鮮の人々の生活に溶け込んで暮らしていた二人は、それまで見向きもされなかった、朝鮮の陶磁器や工芸品の美しさに気づくのである。やがて伯教は朝鮮陶磁研究の第一人者となり、弟の巧は朝鮮の陶磁器や工芸品について名著を著した。そうした彼らの活動は、柳宗悦(1889-1961)との交流を通じて「民藝」誕生へとつながる。本展は、近年再評価の気運が高まる浅川兄弟の事跡を体系的に紹介するもの。浅川兄弟や柳宗悦が選んだ旧朝鮮民族美術館のコレクションや、彼らによる絵画資料や自筆の原稿など約200点の展示を通して足跡をたどることができる。ただ、日本民藝館や同美術館のコレクションが圧倒的に多く、それらに見慣れた人は新鮮さを感じないかもしれない。[金相美]

2011/06/15(水)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00012729.json s 10005016

レイモン・サヴィニャック展──41歳、「牛乳石鹸モンサヴォン」のポスターで生まれた巨匠

会期:2011/06/06~2011/06/28

ギンザ・グラフィック・ギャラリー[東京都]

サヴィニャックの描くポスターは人々に強い印象を与える。余計な言葉はない。詳しい説明を読む必要もない。一目みただけで、メッセージが伝わってくる。豚、牛、羊、毛糸、ゴムタイヤといった描かれたものそのものが、私たちに直接語りかけてくる。広告としての手法がすばらしいのはもちろんのこと、ヴィジュアルを中心とした表現は、もともとの文脈から切り離されても絵画作品として成立する。それゆえに、サヴィニャックの作品はいまでも多くの人々を魅了し続けているのだ。もちろん、彼は広告をつくっていたのであって、絵を描いていたわけではない。彼はポスターの出来をほめられるよりも、掲出後に商品の売り上げが伸びたことを聞くことのほうを喜んだという。また、彼はアメリカ的な広告制作の分業体制を嫌っており、すべてを自らの手で仕上げることを好んでいた。サヴィニャックがイラストレーターではなく、画家でもなく、ポスター作家と呼ばれる所以である。今回の企画にも協力しているサヴィニャック作品のコレクター山下純弘氏は、サヴィニャックは画家、デザイナー、アイデアマン、職人、ビジネスマンという多様な側面を併せ持った人物であったと語っている。
ところで、サヴィニャックの表現からは、商品を他社のものと差別化しようとする意図はあまり感じられない。彼のビジュアルはメーカーにかかわらず適用可能なものも多い。ランクハムやマギーブイヨンのためのポスターなど、メーカー名やブランド名を他社のものに入れ替えてもそのまま通用するに違いない。実際、ポスター作家として人気が出る前、彼は作品が採用されるまで同じポスターを持って複数の企業に売り込みに歩いていたし、コカ・コーラのために描いたポスターは手直しをしてペリエのポスターになり、トブラー・チョコレートのためのポスターはロゴを消して森永チョコレートのポスターになった。それにもかかわらず、わたしたちはサヴィニャックのポスターを、特定の企業、特定のブランドと結びつけて覚えている。企業やブランドの名前が画面に入っているから、という理由だけでは説明できないインパクト──彼の手法は「ビジュアル・スキャンダル」と呼ばれる──が、彼のポスターにはある。[新川徳彦]

2011/06/15(水)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00013352.json s 10005022

石川美奈子 展 LINE_blue

会期:2011/05/14~2011/06/19

GALLERY HIRAWATA[神奈川県]

岩手県出身の石川美奈子による個展。幅2.4メートル、長さ10メートルにも及ぶ白いロールキャンバスに青いアクリルで水平線を一本ずつ延々と描き続けた作品などを発表した。大半を腰の高さの台の上に寝かせているが、一部を壁にかけるほど、長大な絵の迫力が凄まじい。しかも青の色合いを一本ごとに微妙に変えているため、全体として見れば大きな青空を見上げたような鮮やかなグラデーションが楽しめる。内側に向かう粘り強い執着心によって、抜けるような解放感を生み出す逆説が石川の絵画の魅力だ。

2011/06/17(金)(福住廉)

2011年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ