2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

ロバート・モリス&菅木志雄

2016年06月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/03/12~2016/05/07

BLUM & POE[東京都]

奥に長いギャラリーの手前に菅木志雄、奥のガラス窓沿いにロバート・モリスのインスタレーションがある。菅は5つの楔形の石のうち4つを矩形に並べ、ひとつをその外側に置き、全体を小さめの木の板で覆った《辺界》という作品。木の板はそれぞれの石に寄り添うように立て掛けられ、またそれぞれの石を関係づけるように配置されている。モリスはL字型にカットした黒いフェルトと鉛の板を無造作に積み上げた作品で、タイトルは文字どおり《鉛とフェルト》。廃棄された工業製品という印象だ。どちらも60-70年代の作品の再制作だが、場所に合わせて変形されている。おもしろいのは、ふたつの作品とも石と木、鉛とフェルトという鉱物素材と生物素材、硬いものと柔らかいものの組み合わせであること。そして菅の石が山を、木の板が平地の田畑を連想させるのに対し、モリスは混沌とした森を連想させる。どこまで意図したかは知らないけれど、図らずもふたりの作品から日本的なものと西洋的なもの、自然と人工の対比が浮かび上がる。

2016/05/07(土)(村田真)

▲ページの先頭へ

2016年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ