2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:新聞家『帰る』

2016年06月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/07/08~2016/07/11

NICA (Nihonbashi Institute of Contemporary Arts)[東京都]

昨年の1月から新聞家を見ている。作家の村社祐太朗のことは「モダニスト」と思っている。「方法意識が高い」といった程度の意味だが、その徹底ぶりはそんな大仰な呼び名をつい用いたくなるほど。役者が立ち、声を発し、やがて歩いて出て行くまでを、可能な限り「たまたまそうした」という程度の振る舞いにはならないよう村社は強く念じている。そう見える。とはいえ、張り詰めた舞台には、実は滑稽さがつきもの。「なぜ声が出るのか」への考察が深まると、声が出ることと出ないこととの間の薄皮一枚が気になってくる。薄いが皮には厚みがあって、そのありさまがほどかれると、ときに悶絶を禁じ得ぬほどおかしい。今回の上演に際してウェブ上で公開している「『帰る』に寄せて2 「単純化」」でも、そんな「薄皮」を村社は話題にしている。こういう些細すぎて、吹けば飛ぶような何かが人のうちにあるということを、そっと確認するように客に耳打ちしてくれるのが演劇というものならば、そしてその演劇に期待して、そう多くはないが、きちんと適度な数の人たちが客席を埋めるのならば、演劇には今日も存在意義があるように思う。あと、いつも会場を吟味して、美術の作家と共作して、毎度異なる方法上のチャレンジをちゃんとやっているのが素晴らしい。「演劇」をテンプレートとして全く捉えていない。だから見ていられるのだ。

関連レビュー

新聞家『スカイプで別館と繋がって』:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape
新聞家『川のもつれホー』:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2016/06/13(月)(木村覚)

▲ページの先頭へ

2016年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ