2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

artscapeレビュー

松山賢展─縄文風時代─

2019年10月01日号

会期:2019/08/28~2019/09/09

高島屋新宿店10階美術画廊[東京都]

縄文をモチーフにした絵画と土器の展示。もちろん素直に縄文風の土器を描いたり焼いたりしているわけではない。ウルトラマン風があったりいまどきのタトゥーねーちゃんがいたり、イノシシやツチノコや地球の土偶(?)があったり、今年「土器怪人 土偶怪獣 松山賢展」を開いた新潟県・津南町の風景画があったり。サービス精神旺盛な作者らしく、ヴァラエティに富んでいる。なかには、人のかたちをデフォルメしているうちに飛行機みたいな流線型になり、やがてジェット機、ロケットと進化していく過程を土器化したものもある。縄文のロケット土器。そのうちIT土器とかブラックホール土器なんかもできるんじゃないか。

2019/09/06(金)(村田真)

2019年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ