2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

白石ちえこ「鹿渡り」

2020年11月01日号

会期:2020/10/05~2020/10/10

巷房1[東京都]

白石ちえこは、1990年代以来コンスタントに個展を開催し、写真集『サボテンとしっぽ』(冬青社、2008)、『鳥影』(蒼穹舎、2015)を刊行するなど、独自の作風を育て上げてきた。今回、写真集『鹿渡り』(蒼穹舎)の刊行記念写真展として、東京・銀座で開催された同名の個展に展示された作品にも、「間」を活かした画面構成、グレー・トーンを強調したモノクローム・プリントなどに、彼女の繊細な美意識が十分に発揮されていた。

白石はこのところ、大正~昭和初期の「芸術写真」の時期に流行した、印画紙にオイルを引いて絵具や鉛筆で加筆していく、「描き起こし」(雑巾がけ)という技法にこだわって作品を制作してきた。今回の「鹿渡り」では、その技法は用いられていない。だが、画像をソフトフォーカス気味にコントロールしていく仕上げはそのまま踏襲され、16点の写真には古風な石版画を見るような雰囲気が漂っていた。とはいえ、技法だけが一人歩きしているわけではない。冬の北海道のしんと静まり返った大地と、そこに生きる鹿たちの姿を浮かび上がらせるのに、印画紙のトーン・コントロールがとても的確かつ効果的に使われている。

写真集のあとがきに「道東では、今まで感じたことのない大きな自然との一体感の中で、弱い光に包まれながら、私と鹿と自然が一本の道でつながっていくのだった」と記しているが、まさにそんな感慨を覚える写真群といえる。白石にとっても、ひとつの区切りとなるシリーズではないだろうか。

2020/10/07(水)(飯沢耕太郎)

2020年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ