2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

Fever! Akiyama 秋山祐徳太子回顧展

2021年02月01日号

会期:2020/12/04~2020/12/26

ギャラリー58[東京都]

2020年4月3日に亡くなった稀代のアーティスト、秋山祐徳太子を偲ぶ回顧展。秋山は1935年生まれだから享年85。1歳で父と兄を失い、以後母が亡くなるまで60年以上にわたり母子家庭を貫く。長身でイケメンでモテそうなのになんで結婚しなかったんだろう、余計なお世話だが。都立工芸高校を出て東京藝大を5回受験するも不合格。武蔵野美術学校で彫刻を学び、卒業後は電機メーカーのデザイナーとして勤務。組合活動から前衛芸術に軸足を移し、反万博闘争に参加したり、グリコのランナー姿で走るパフォーマンス「ダリコ」を行なう。退社後は、チープでポップなブリキを使った彫刻を制作しながら、1975年と79年には東京都知事選に立候補し、政治のポップ化を目指したが落選。その後も、赤瀬川原平や高梨豊とライカ同盟を結成したり、『通俗的芸術論』や『泡沫桀人列伝』を著すなど、泡沫精神あふれる活動を続けてきた。

ギャラリー入り口には石内都、篠原有司男、吉野辰海の連名による大きな花輪が掲げられ、会場には幼少期の写真から中学高校の卒業証書、東京藝大の受験票、デザイナー時代に図面を引いたオーディオ部品の設計図、労働組合の資料やデモの写真、ダリコのランニングシャツ、都知事選のポスター、畑中葉子との対談「後から前から」のポスター、母との東北旅行の記念写真、長年住んでいた高輪地区の防犯連絡所責任者の委嘱状など、200点以上がところ狭しと並んでいる。あ、もちろんブリキ彫刻などの作品もあるが、ここではいささか影が薄いなあ。これらの資料は自宅に残された遺品の一部というから、断捨離とは縁遠い人生だったようだ。いや断捨離とは不要なものを断つことだから、これらの「ガラクタ」は必要不可欠どころか、秋山の血肉だったに違いない。まさに泡沫桀人!

2020/12/09(水)(村田真)

2021年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ