2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

福島あつし『僕は独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ』

2021年10月01日号

発行所:青幻舎

発行日:2021/08/31

本作の元になった作品「弁当 is Ready」は、2019年にKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の関連企画KG+の枠で展示され、同年度のKG+AWARDグランプリを受賞した。その受賞展は、2020年度の京都国際写真祭のメイン企画として同年9〜10月に下京区の伊藤佑 町家で開催されている。福島の真摯な写真への取り組みの姿勢が伝わってきて、とても強い印象を与える展示だった。今回、青幻舎から刊行されたのは、それをさらに練り直して完成させた、同シリーズの写真集ヴァージョンである。

2004年に大阪芸術大学写真学科を卒業した福島は、2004年から2014年にかけて、神奈川県川崎市で高齢者専門の弁当配達のアルバイトをしていた。たまたま情報誌で目に留まったというのが、仕事を始めるきっかけだったようだが、写真学科卒業という経歴からして、配達先の老人たちにカメラを向けるのは自然な行為だったのではないだろうか。だが、そうやって撮りためていった写真を実際に発表するまでには、かなり長い期間が必要だった。いうまでもなく、厳しい状況のなかで、時には身体的な不調を抱え込んで独り暮らしをしている老人たちにカメラを向けることへの葛藤(「罪の意識」)に、どう片をつけるのかに思い悩まざるを得なかったからだ。結果的に、その躊躇の日々は、本作の成立においてとても有意義だったのではないかと思う。どの写真を選び、どのように見せるのかという、写真集作りの基本的な作業に、重みと厚みが加わり、読者にもまた作者とともに自問自答を促すような回路が成立したからだ。

一方で福島にとって、このシリーズは写真家としてのスタートラインということになる。得難い経験を糧にして、彼がどんな道を歩んでいくのかが気になる。

関連記事

福島あつし『ぼくは独り暮らしの老人の家に弁当を運ぶ』|高嶋慈:artscapeレビュー(2021年09月15日号)
KG+SELECT 2019 福島あつし「弁当 is Ready.」|高嶋慈:artscapeレビュー(2019年04月15日号)

2021/09/19(日)(飯沢耕太郎)

2021年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ