2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

My First Digital Data はじめてのデジタル

2022年11月15日号

会期:2022/10/29~2022/10/30

アーツ千代田 3331 1F[東京都]

メディア・アーティストの藤幡正樹がキュレーションした本展は、かなり画期的な展覧会だと思う。1995年発売のカシオQV-10の登場で、価格が比較的安く、実用的なデジタルカメラを自由に使える時代が到来した。それから四半世紀以上が過ぎ、そうなると、その草創期がどんなだったかは忘れられがちだ。それだけでなく、写真体験の大部分がデジカメで担われている現在、それぞれの撮り手の「はじめてのデジタル」がどのようなものだったかを振り返ることには、新たな歴史的な意味が生じてきている。このような試みはまさに「コロンブスの卵」で、思いつきを形にした藤幡の慧眼はさすがだと思う。

藤幡本人に加えて、沖啓介、久保田晃弘、小池一子、佐藤卓、辛酸なめ子、都築響一、ときたま、中村政人、萩原朔美、古川日出男、松本弦人といった多彩なメンバー、約30人が参加した展示もなかなか見応えがあった。まだ未知のツールだったデジカメをはじめて手にした時の、それぞれの反応が興味深い。藤幡のように、最初からどんなふうに撮り、プリントするのかをきちんと計算しているように見える者もいるが、逆にときたまや古川のように、何も考えずに目の前の光景に反応しているような写真の方が、いま見ると面白い。参加メンバーをもっと増やして、定期的に開催してもよさそうだ。

なお、本展の出品作は仮想通貨「イーサ(ETH)」で販売され、「申込人数が増えると購入価格が下がる」という「サブディビジョン」方式をとる。展覧会の会期終了後も、ウェブサイトで販売は継続される。このような販売・購入のシステム構築も、今後は重要な課題のひとつになっていくだろう。

「My First Digital Data」公式サイト:https://mf22.3331.jp/index.html

2022/10/29(土)(飯沢耕太郎)

2022年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ