2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

「東洋一」の夢 帝国図書館展

2023年08月01日号

会期:2023/03/28~2023/07/16

国立国会図書館国際子ども図書館[東京都]

上野にはよく足を運んでいるが、久しぶりに《国際子ども図書館》を訪れた。安藤忠雄と日建設計が手がけた、ガラス・ボックスが歴史的な様式建築に貫入するリノベーションが行なわれ、2002年に全面開館して以来だろう。おかげで既存のレンガ棟に対し、中庭を挟んで弧を描くアーチ棟(書庫、資料室、研修室、事務室などが入る)が2015年に増築されていたことを初めて知った。さて、今回の目的は、この建築そのものの歴史を振り返る 「『東洋一』の夢 帝国図書館」展である。



アーチ棟(国際子ども図書館)



ガラスが貫入するレンガ棟(国際子ども図書館)



レンガ棟からアーチ棟を見る


図書館は、美術館と同様、コレクションが増えることから、増改築を繰り返すことが多いビルディングタイプだが、この建築もまさにそうした変遷を辿った。最初は久留正道や真水英夫の設計による帝国図書館の全体計画の1/4を実現したところで、1906年に開館する。その後、蔵書の増加や、関東大震災によって東京の図書館が罹災し、利用者が増えたことを受け、増築工事が1929年に竣工した。明治期の建築は鉄骨で補強されたレンガ造だったのに対し、昭和の増築は鉄筋コンクリート造である。



《国際子ども図書館》模型(「『東洋一』の夢 帝国図書館展」より)




増築記念に制作された平面図、ポストカード(「『東洋一』の夢 帝国図書館展」より)


敗戦後は国会図書館の支部として使われ、平成に増改築されたことにより、国際子ども図書館として生まれ変わった。その際、閲覧室、大階段、廊下の室内装飾が、創建当時の状態に復元されている。展示は当時の図面や写真を陳列しており、見上げると、実際のデザインをすぐに確認できる好企画だった。



展示風景(「『東洋一』の夢 帝国図書館展」より)



3階展示室の前(国際子ども図書館)



復元された旧閲覧室の天井(国際子ども図書館)


一方で、古典主義の細部に対する説明が気になる。例えば、柱頭について「古代ギリシャ建築のコリント式」と記していたこと。アカンサスの葉に覆われたコリント式の特徴は認められるが、同時にイオニア式の渦巻きを備えており、むしろ両者を複合したコンポジット式ではないか。なるほど、葉の上部先端が小さな渦巻きになり、判別しにくいケースもある。もっとも、渦のサイズが大きいことに加え、コリント式にはないオヴォロ(卵形装飾)と鏃形が並ぶエキヌスが存在していることから、コンポジット式というべきだろう。なお、コリント式もギリシア時代にはあまり多くないが、コンポジット式はローマ時代以降のデザインだ。こうした説明は、当時の設計者による記述を根拠にすることもあるが、建築史の精度はいまの水準とは違い、形のディスクリプションとしては修正するのが望ましい。


柱頭(国際子ども図書館)



説明パネル(「『東洋一』の夢 帝国図書館展」より)



公式サイト:https://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2023-01.html

2023/06/24(土)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00064600.json l 10186499

2023年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ