2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

美術に関するレビュー/プレビュー

松本倫子展「ニューヨークに銭湯」

会期:2019/09/27~2019/10/27

BankART SILK[神奈川県]

フリーハンドで丸っこく切り抜いたカラフルな板が、壁一面に飾られている。よく見ると、どれもネコが1匹から数十匹まで固まった形をしているのだが、曲線で分割された面には蛍光色や赤、緑、水色などおよそネコらしくない色彩が施され、水玉やウロコ模様まで描かれている。中世のアラベスク模様を思い出させるが、パラノイアックなアウトサイダー・アートと見ることもできるし、ポップな現代絵画と捉えることもできる。しかしその「どれでもなさ」が彼女の作品の特質だ。

展示も、四角いタブローなら横一線に並べるところだが、丸っこい板なので、まるでネコがくつろぐように壁一面に散らしている。これは楽しい。板だけでなく、襖、仮面、ショッピングバッグに描いた作品もある。ドローイングには、ネコが玄関の上に居座る《ニューヨーク銭湯の外観》と題する作品もあって、これがタイトルにも使われているわけだが、いうまでもなく「入浴」と「銭湯」をかけたダジャレ。

2019/09/28(土)(村田真)

ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 記者発表会

桑沢デザイン研究所[東京都]

来年1月、代官山のヒルサイドフォーラムで、ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展が開かれる。主催する東京造形大学がその概要を発表した。このプロジェクトは、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、彫刻、建築、工学など未完成を含む作品や発明品を、最新の技術を駆使して制作当時の姿に復元しようというもの。《聖ヒエロニムス》《東方三博士(マギ)》の礼拝》《最後の晩餐》など16点の絵画をはじめ、《スフォルツァ騎馬像》「大墳墓計画」「距離測定車」など計31点におよぶ。といっても、本物そっくりに模写したり、彫刻を再現したりするわけではなく、CGなどを使ったヴァーチュアル復元だが、それでもレオナルドがなにを考え、どのようにつくったかをたどりながら復元するという。

しかしなんでそんな大それたことを小さな一美大がやるのかといえば、造形大がバウハウスのような総合芸術の教育を目指しているので、レオナルドは素材としてもっともふさわしかったから、とも言えるが、それよりなにより、レオナルド研究の第一人者である池上英洋氏が同大の教授を務めているからだろう。だから期待は高まる反面、池上教授を除くとレオナルドやルネサンス美術の専門家が見当たらないのが、いささか心もとない。蛇足ながら、池上教授は会見で「レオナルド」と呼んでいたが、タイトルは「ダ・ヴィンチ没後500年」となっている。ダ・ヴィンチとは非嫡出子で姓のないレオナルドに冠せられた「ヴィンチ村出身の」といった程度の意味だから、ここはやはり「レオナルド没後500年」にすべきだと思うのだが。

2019/09/25(水)(村田真)

奥山由之『Girl』

発行所:BOOTLEG

発行日:2019年9月14日

奥山由之は、2011年の第34回「写真新世紀」で優秀賞を受賞して、写真家としてデビューした。そのときの展示を見て、まだ21歳という若さにもかかわらず、ひとりの少女の姿を淡い光と影の移ろいのなかに浮かび上がらせ、その微かに身じろぐようなたたずまいを捉える能力の高さに驚かされた。何だかHIROMIXの写真のようだと思ったら、当のHIROMIXが審査員として優秀賞に選んでいるのがわかって、妙に納得したことも覚えている。

その受賞作「Girl」は、2012年にPLANCTONから少部数の写真集として刊行されたのだが、あまり話題にもならず絶版になっていた。その後奥山は、 写真集『BACON ICE CREAM』(PARCO出版、2016)を刊行し、同名の個展をパルコミュージアムで開催して、一躍注目を集めるようになった。その後の活躍ぶりはめざましいものがある。今回BOOTLEGから復刊されたのは、その彼の写真家としての原点というべき写真集『Girl』である。

あらためてページをめくると、写真作品一点一点のクオリティの高さだけでなく、モノクローム写真にカラー写真を効果的に配合して、少女を軸とした物語を構築していく力を、彼が既にしっかりと身につけていたことがわかる。だが、その完成度の高さは諸刃の剣といえるだろう。あまりにも早く自分の世界ができあがると、そこに安住して、同工異曲の繰り返しに走ってしまうことがよくあるからだ。だが、奥山はその後『Girl』を足場にして、意欲的に自分の写真の世界を拡張していった。それが、現在の彼の写真家としての立ち位置につながっているということだろう。

2019/09/25(水)(飯沢耕太郎)

北野 謙 写真展「光を集める」

会期:2019/09/17~2019/11/10

写大ギャラリー[東京都]

北野謙は東日本大震災のあと、「何をどう踏み出していいのかわからない」状態に陥る。そこで「東京の街でセルフポートレイトを撮る」ことで、新たなきっかけを見出そうとした。そのとき、手鏡で太陽の光を反射させて撮影したことから、「光」をテーマとした写真群がかたちを取ってくる。その「reflect」シリーズは、2013〜14年に文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカ・ロサンゼルスに滞在時に制作された、長時間露光で太陽の軌跡を定着した「day light」シリーズにつながっていった。

北野はさらにアメリカから帰国後に、今回の展示のメインとなる「光を集める」シリーズに着手する。ある場所にカメラをセットし、冬至から夏至までの太陽の軌跡を可視化しようとする作品である。「6カ月長時間露光」という破天荒なアイディアによって捉えられた画像は、写真家の思惑をはるかに超えたものだった。時にはカメラに雨水が浸水したり、カメラそのものが壊れてしまったりすることもあるという。画像そのものの色や形も、どんなふうになるかまったくわからない。「写真を撮る」というよりは「毎回像が〈現れる〉現場に立ち会う感覚」という彼の言葉には実感がこもっている。

北野の「光」をテーマとする作品は、山崎博や佐藤時啓の仕事と共通性を持つ。ただ、山崎や佐藤の作品では場所性が希薄なのと比較すると、北野はカメラを「国立療養所長島愛生園」、「金沢21世紀美術館」、「東京工芸大学」に設置するなど、特定の場所と光との関係を積極的に写真に取り込もうとしている。「光を集める」というのは、いわば写真表現の原点というべき行為であり、これから先も、より広がりのある仕事として展開することができるのではないだろうか。

2019/09/23(月)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00050793.json s 10157545

アートのお値段

ポロックやウォーホル、バスキアの作品が100億円を超す高値で売買される現代。よく聞かれる疑問が、本当にそれだけの価値があるの? そもそも美術品に適正価格はあるの? ってこと。これに対する答えは、美術品(に限らないが)の価格は需要と供給の関係で決まるということだ。つまり、その作品を欲しい人が2人以上いれば価格はいくらでも上がるが、1人もいなければゼロに等しい。そしておそらく、2人以上がほしがる作品は全体の1パーセントにも満たず、大半の作品は値がつかないか、つけても売れないということだ。この極端な格差がごく一握りの作品を超高額に押し上げる一方、99パーセントのゴミを生み出している。これを聞いて思い出すのが、世界の富豪上位26人が有する資産の合計(約153兆円)が、下位半分(38億人)の資産とほぼ同額という統計だが、アートの世界はもっと極端かもしれない。

この『アートのお値段』は、高騰を続ける現代美術の価格と価値を巡るドキュメンタリー映画。そもそも現代美術の価格が高騰し始めたのは、日本のバブルがはじけてアートマーケットが縮小した90年代のこと。日本人が近代美術を買い漁って底をついたため、今度は作品がいくらでも供給できる現代美術にスライドしたというのだ。だれが? ごく一部のギャラリスト、オークショニア、コレクター、そしてアーティストだ。言ってみれば、アートマーケットは彼ら数十人のプレイヤーが動かすゲームみたいなもの。その最優秀プレイヤー(?)として登場するのが、広大なスタジオでスタッフに絵を描かせ、自分は指示を出すだけのアーティスト、ジェフ・クーンズであり、その対極として描かれるのが、かつてドットを使ったオプ・アートの旗手として名を馳せ、現在は郊外の一軒家で目の覚めるようなペインティングに取り組むラリー・プーンズ。その中間に位置するのがゲルハルト・リヒターだ。

『アートのお値段』というタイトルは身もふたもないが、原題は『THE PRICE OF EVERYTHING』で、これはオスカー・ワイルド著『ウィンダミア卿夫人の扇』のなかの「皮肉屋というのは、あらゆるものの値段を知っているけど、そのものの本当の価値を知らない人のことさ」というセリフから来ている。つまり価格と価値は別物だということであり、ここではクーンズは価格派、プーンズは価値派であり、リヒターは価値を重視しながら価格に乗る派、に分類できる。いずれにせよ、アートのお値段は芸術性とは関係ないということだが、実は無関係というだけでなく、美を感じる脳と欲望により活発化する脳とでは正反対の反応を示すと、精神科医でコレクターの高橋龍太郎氏はパンフレットのなかで指摘する。どうやら価値(美)と価格(欲望)は別物どころか、対極に位置しているらしい。なんとなくアートマーケットに感じていたモヤモヤ感が、少しすっきりした。

この映画でもうひとつおもしろかったのは、プーンズのほか、美術評論家のバーバラ・ローズやギャラリストのメアリー・ブーンなど、1970-80年代に活躍した過去の人たちが登場すること。もっとも、すっかり別人のようになったメアリー・ブーンはつい最近、脱税で捕まって名前が出たばかりだが。新表現主義をマーケットに乗せた彼女も、結局「アートのお値段」に振り回されたのか。

公式サイト:http://artonedan.com/

2019/09/22(日)(村田真)

文字の大きさ