2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

やまもとひさよ写真展「大川さん」

2012年07月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/06/11~2012/06/16

Port Gallery T[大阪府]

出品作品はすべてサービス判の紙焼き。安価なフォトフレームに収められた作品は、一部が破かれる、焼かれる、折り曲げて全体が見えないなど、ノーマルなものは1枚もない。ここでタイトルの「大川さん」が気になり始める。作家と大川さんは恋愛関係だったのか? いや、そもそも大川さんは実在するのだろうか? と。現実とフィクションの狭間を戯れるには、写真が最も適したメディアであろう。しかも、折り曲げたり焼いたりするのはデータでは不可能だ。本展は、紙焼き写真でしか実現しえない表現領域がまだまだあることを知らしめてくれた。

2012/06/11(月)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ