2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

淀川テクニック はやくゴミになりたい

2012年07月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/06/16~2012/07/08

ARTZONE[京都府]

大阪・淀川の河川敷を拠点に活動し、ゴミやガラクタを用いたオブジェで知られる淀川テクニック。最近は国内外で引っ張りだこの彼らが、京都初個展を行なった。2フロアある会場のうち、1階では彼らの定番である花輪や魚型自転車オブジェ、モルディブ共和国で制作した巨大魚のオブジェなどを展覧。また、鴨川で行なったゴミ狩りのワークショップを記録した映像や、その際に制作したゴミの履歴書も見られた。2階では鴨川で拾ったゴミを約12メートルの壁面に並べた《有漏路 無漏路》(一休宗純の短歌から命名)を出品。まさに圧巻のインスタレーションを展開した。大阪を拠点にする淀テクだが、意外にも関西での発表は少ない。それだけに本展は、地元の美術ファンにとって嬉しい機会となった。

2012/06/19(火)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ