2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

河明求(ハ・ミョング)展

2012年07月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/06/12~2012/06/17

ギャラリーマロニエ[京都府]

作家は、京都市立芸術大学大学院に留学中の韓国人である。本作は来日後に始めた新シリーズで、作品の表面がビロードのように毛羽立った質感を持っているのが特徴だ。この独特の質感はワイヤーブラシで表面を叩くことで得られるが、粘土の乾燥具合に大きく左右されるらしく、タイミングの見極めが難しいと言っていた。また、全体の形は最初に球体をつくり、途中で一部を歪ませるのだが、焼成後にひびや割れが入りやすいのが悩みらしい。このように技術的な問題を孕んだ新作ではあるが、確固たるオリジナリティがあるのは間違いない。今後の展開がとても楽しみだ。

2012/06/12(火)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ