2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

写真家 水谷章人 作品展「甦る白銀の閃光」

2022年03月01日号

会期:2022/01/04~2022/03/30

写真歴史博物館[東京都]

水谷章人(1940~)は日本のスポーツ写真の第一人者である。長野県飯田市に生まれ、1965年に東京綜合写真専門学校卒業後、斬新な作品を次々に発表して新風を吹き込んだ。特にスキー写真は最も力を入れ、得意とするテーマで、今回の「甦る白銀の閃光」展には、その1960~80年代の白黒写真の代表作が出品されていた。

水谷によれば、1980年にパワーライフから写真集としても出版された「白銀の閃光」シリーズには、大きく分けて2つの種類があるという。ひとつは「1000分の1秒を競う競技のアルペンスキーを撮影したスポーツ写真」である。そしてもうひとつは、「基礎スキー」の分野を扱うもので、「スキーヤーをモデルにし、私独自のイメージを映像化したもの」である。今回の展示では主に後者を見ることができたのだが、その素晴らしさに陶然とさせられた。「一流のスキーヤー」をモデルとし、彼らに細かな指示を与えて緻密なプランの下に撮影した写真群は、人と自然とが一体となったスキーという競技の魅力をいきいきと捉えている。それとともに、白黒のコントラストを強めたり、ブレの効果を活かしたりした画面構成によって、動から静、静から動へと一瞬に移り動いていく瞬間が、見事に定着されていた。あらためてモノクローム写真の表現力の凄みを味わうとともに、デジタル化以降、逆にその緊張感が失われてしまったことがよくわかった。

今回はスキーに焦点を絞った展示だったが、スポーツ写真家としての水谷章人の全体像を見ることができる機会も、ぜひつくっていただきたいものだ。

2022/02/07(月)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00059654.json l 10174561

2022年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ