2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス | 2022年3月1日号[テーマ:「文字を作る」ことを通して世界を眺める/世界とつながる5冊]

2022年03月01日号

注目の展覧会を訪れる前後にぜひ読みたい、鑑賞体験をより掘り下げ、新たな角度からの示唆を与えてくれる関連書籍やカタログを、artscape編集部が紹介します。
今回ピックアップするのは、書体設計士・鳥海修さんの展覧会「鳥海修 もじのうみ:水のような、空気のような活字」(京都dddギャラリーにて1月15日~3月19日開催)。「ヒラギノフォント」や「游明朝体」など、インフラのような書体の数々を手がけられてきた鳥海さん。文字を作る行為は、世界のどんな部分に波及し息づくのか。そんな想像が膨らむ5冊を選びました。


今月のテーマ:
「文字を作る」ことを通して世界を眺める/世界とつながる5冊

※本記事の選書は「hontoブックツリー」でもご覧いただけます。
※紹介した書籍は在庫切れの場合がございますのでご了承ください。
協力:堤拓也(鳥海修「もじのうみ:水のような、空気のような活字」キュレーター)


1冊目:文字を作る仕事

著者:鳥海修
発行:晶文社
発売日:2016年7月9日
サイズ:20cm、235ページ

Point

鳥海自ら書体設計の仕事について綴ったエッセイ。今回の展覧会タイトルにもある「水のような、空気のような」という言葉は、鳥海が書体設計士を志すきっかけとなったタイポグラファー・小塚昌彦によるもので、2016年刊行の本書にも登場します。黒子としての書体設計士の美意識をより深く知られる一冊。


2冊目:グーテンベルクの銀河系 活字人間の形成

著者:マーシャル・マクルーハン
翻訳:森常治
発行:みすず書房
発売日:1986年2月
サイズ:22cm、486+24ページ

Point

グーテンベルクの印刷文化がいかに個人主義を生んだのかを語る、マクルーハンの論説集。本展キュレーターの堤拓也さん曰く「鳥海の書体設計の仕事もこの延長にある」そう。「『水のような、空気のような活字』とはすなわち、均質かつ画一的な紙面空間を作るという西洋近代社会の要請だったのです」と両者を結びつけます。


3冊目:日本語活字ものがたり 草創期の人と書体(文字と組版ライブラリ)

著者:小宮山博史
発行:誠文堂新光社
発売日:2009年1月
サイズ:21cm、268ページ

Point

日本の近代活字の草創期、ひらがな/カタカナ/漢字といった複数種の文字が混在する日本語を活字にするゆえの格闘を伝える貴重な一冊。「極東に位置する日本においても、キリスト教と活字文化というものが切っても切れないということがわかります」(堤)。鳥海と、さらに上の世代の書体設計のあり方を比較しても興味深い。



4冊目:本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本─職人が手でつくる谷川俊太郎詩集

著者:鳥海修、高岡昌生、美篶堂、永岡綾
発行:河出書房新社
発売日:2019年2月18日
サイズ:21cm、225ページ

Point

本づくりのプロたちが谷川俊太郎詩集『私たちの文字』を作る過程を捉えた記録集。鳥海による、谷川の詩のためのかなフォント「朝靄」の制作風景だけでなく、それが活版で組まれ、印刷、手製本されるまでの職人たちの手仕事が丹念に綴られた一冊。「朝靄」完成までの資料とともに、実際の特装本が本展でも展示されています。



5冊目:銃・病原菌・鉄 上巻

著者:ジャレド・ダイアモンド
翻訳:倉骨彰
発行:草思社
発売日:2015年11月25日

Point

かつて貧しかった欧州の国々が、いかに世界で覇権を握っていくことになるのか。生物学や言語学、宗教学など多様な視点から社会の転換を読み解くことで、人類史の見方が塗り替えられる一冊。「世界三大発明の『火薬』『羅針盤』『活版印刷術』とともに『活字』が世界史に与えた影響を間接的に想像するとより面白い」(堤)。







鳥海修「もじのうみ:水のような、空気のような活字」

会期:2022年1月15日(土)~3月19日(土)
会場:京都dddギャラリー(京都府京都市右京区太秦上刑部町10)
公式サイト:https://dnpfcp.jp/gallery/ddd/jp/00000784


2022/03/01(火)(artscape編集部)

artscapeレビュー /relation/e_00059612.json l 10174602

2022年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ