2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

石川幸史「The changing same」

2022年04月01日号

会期:2022/02/22~2022/03/07

ニコンサロン[東京都]

1970-80年代にかけて、アメリカを中心に「ニュー・カラー」と称する写真のスタイルが話題を集めた。ウィリアム・エグルストン、ジョエル・スターンフェルド、スティーブン・ショア、リチャード・ミズラックらによる、主に中判~大判カメラで、アメリカ各地の風景をやや距離を置いて地誌的な視点で撮影した、カラー写真による一群の写真である。「ニュー・カラー」は、以後ヨーロッパや日本の写真家たちにも、強い影響を及ぼしていった。

石川幸史の「The changing same」は、その「ニュー・カラー」のスタイルを意識しつつ換骨奪胎したシリーズといえる。石川は2017-21年にかけて、東京の周辺地域を、まさに「ニュー・カラー」的な視点で撮影した。だが、そこには独特のバイアスがかかっている。乾いた風土のアメリカとは違って、日本を撮影すると、やや湿り気を帯びた空気感があらわれてくるのがひとつ。もうひとつは、石川がカメラを向けているのが、日本におけるアメリカ、つまり「内面化してきたアメリカ化とそれらがもたらす神話作用」を感じさせる被写体であるということだ。自由の女神、サウスダコタ州の4人の大統領の巨大モニュメント、アメリカ国旗などがちりばめられた光景を、石川は丹念に探索し、「ロード・ムービー」のように撮影していった。

その意図はよく実現しており、石川の批評的な眼差しのあり方が、写真にきちんとあらわれている。長い時間をかけた労作といえるだろう。今回の展示で一区切りというところだが、このシリーズをどのように完成させていくかについては熟慮する必要がありそうだ。「こんな面白い風景があった」ということで終わらせることなく、日本の現代社会における「アメリカ化」の諸相を、より多面的にあぶり出していってほしい。

2022/02/23(水)(飯沢耕太郎)

2022年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ