2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

野村恵子「Moon on the Water」

2022年04月01日号

会期:2022/03/10~2022/04/03

コミュニケーションギャラリーふげん社[東京都]

野村恵子は2019年に「Otari-Pristine Peaks 山霊の村」で第28回林忠彦賞を受賞後、母方の故郷である沖縄に移住した。元々、デビュー写真集の『DEEP SOUTH』(リトル・モア、1999)以来、沖縄の人と土地をテーマにした写真を撮影し続けてきたのだが、移住前後の時期に集中して撮影された今回のシリーズ「Moon on the Water」は、ややフェーズが違ってきているのではないだろうか。展示された約40点の作品を見ると、彼女のからだの奥に潜んでいた沖縄人の血、魂がはっきりと表にあらわれ、生と死とが共鳴し合う清冽で力強いイメージとして形をとってきているように思えるのだ。とりわけ、DMにも使われた海中を漂う裸体の女性のような、水/海にかかわる写真群が鮮烈な印象を与える。生命そのものがそこから発生してくる母胎としての水/海のイメージが、多くの写真に通底しており、そのことによって、沖縄という土地の地霊(ゲニウス・ロキ)と共振する磁場が生まれてきている。野村の写真家としてのキャリアにおいて、ひとつの区切りとなる作品群となることは間違いない。

展示作品の中には、沖縄在住の写真家、石川竜一が写っているものもあった。石川と野村が、今後も生産的なコラボレーションを続けていくなら、より実りの多い成果が期待できるのではないだろうか。

2022/03/20(日)(飯沢耕太郎)

2022年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ