2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

山崎弘義「Around LAKE TOWN 10 -There is no place like HOME-」

2022年04月01日号

会期:2022/03/03(木)~2022/03/13(日)

ギャラリーヨクト[東京都]

山崎弘義が埼玉県越谷市のレイクタウン地区を撮影し続けている「Around LAKE TOWN 」シリーズも、既に10回の展示を重ねた。2008年に街開きをしたというこのニュータウンは、大相模調節池に面して、巨大商業モールやマンションなどが連なる「ヤングファミリー層」の街である。伝統の重みを欠き、やや表層的ではあるが、浮き草にも似た軽やかさを持つこの街と住人の姿を、山崎は2014年以来8年にわたって追い続けてきた。その成果は厚みのあるドキュメンタリー写真の集積として形をとりつつある。

今回の展示作品に特徴的なのは、建物や、街路や公園でたまたま出会った人たちにカメラを向けたスナップ写真的なアプローチに加えて、レイクタウン地区に住む家族を、彼らの家の中で撮影した写真が出てきていることだ。いわば、外向きと内向きとの両方の視点がそろってきたことで、街と人の変貌を立体的に捉えることが可能になった。

このシリーズはむろんまだ完結したわけではなく、これから先も続いていくようだ。だが10回の展示を経て、そろそろひとつの区切りとなる時期に来ているのではないかとも思った。写真集としてまとめるのが一番いいのだが、昨今の出版事情では自費出版以外はなかなかむずかしいかもしれない。埼玉県や越谷市などの行政支援は受けられないのだろうか。田んぼの真ん中に忽然とひとつの街が出現し、少しずつ姿を変えていく──そのプロセスを長期にわたって多面的に撮影・記録した、貴重なドキュメントであることは間違いない。ぜひ、写真集として刊行してほしい。

関連記事

山崎弘義写真展「Around LAKE TOWN 7 -social distance-」 |飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2020年09月01日号)

2022/03/09(水)(飯沢耕太郎)

2022年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ