2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

北尾博史 森の部品 元土御門の森

2010年03月01日号

弘道館[京都府]

会期:2010/01/24~2010/01/25、2010/02/11~2010/02/21

瀟洒な住宅が点在する京都御所西側の一角に、「弘道館」という古い邸宅が存在する。見事な建築と苔庭からなり、江戸時代中期には学者の皆川淇園が学問所を開いていたという由緒ある場所だ(ただし、現在の建物は近代以降に建てられた別物)。今は老舗和菓子店「老松」が所有している。同館の新たな活用法として美術展が催された。北尾博司の彫刻が室内外に配置され、同時に同館ゆかりの器や掛軸、屏風なども展示。そして「老松」の菓子職人たちが、展示からインスピレーションを得た創作和菓子を添えている。会期中には茶会も催されたとのこと。なんとも贅沢な、京都でしかあり得ない展覧会。至福の空間に包まれて、しばしの間、時が経つのを忘れた。

2010/02/19(金)(小吹隆文)

2010年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ