2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

東近江市ゆかりの芸術家シリーズ Vol.6 北山善夫 展 大声で笑い歌い、時には泣き

2015年02月01日号

会期:2015/01/10~2015/01/30

東近江市立八日市文化芸術会館 展示室[滋賀県]

竹と木と紙などを複雑に組み上げたオブジェや、土偶の人型とそれをもとに描いた細密画の大作で知られる北山善夫。筆者はこれまでに何度も彼の作品を見てきたが、美術館の常設展示か画廊での新作展ばかりで、一度にまとまった数を見たことはなかった。本展では、絵画6点、彫刻1点、インスタレーション2点が展示され、彫刻が少なかったとはいえ彼の仕事を概観することができた。生、死、自我、宇宙、社会、歴史などのテーマが渦を巻いているかのような作品世界は圧巻で、一作家の全体像を示すことの大切さを改めて感じた次第。今後、美術館で本格的な回顧展が行なわれることを期待している。

2015/01/09(金)(小吹隆文)

2015年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ