2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

震災から20年 震災 記憶 美術

2015年02月01日号

会期:2014/12/16~2015/03/08

BBプラザ美術館[兵庫県]

今年は1995年に起きた阪神・淡路大震災から20年という節目の年であり、兵庫県内の美術館、画廊、アートスペースなどで相次いで震災関連の企画が予定されている。本展もそのひとつであり、アーティストの目から見た震災を軸に13人と1組の作品が展示された。作品はどれも主観的だが、それゆえ強烈な表現が多く、突き刺さるような緊張感が館内にみなぎっていた。金月炤子のオブジェと栃原敏子の絵画&オブジェはその代表例である。一方、古巻和芳+あさうみまゆみ+夜間工房のインスタレーション(画像)は、室内を模した空間に置かれた瓦礫の山と時計が刻む音の対比が印象的で、幻想と鎮魂が入り混じった内省的表現が見られる。また、全壊した津高和一邸と津高家の猫を撮影した吉野晴朗、瓦礫となった神戸の街を描いたスケッチを大量出品した堀尾貞治からは、アーティストの性が色濃く感じられた。本展は規模こそ大きくはないが、作品の強度と密度の高さで観客に衝撃を与えるであろう。

2015/01/11(日)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00029145.json l 10106843

2015年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ