2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

科学開講! 京大コレクションにみる教育事始

2015年02月01日号

会期:2014/12/05~2015/02/17

LIXILギャラリー大阪[大阪府]

本展は、京都大学の前身である旧制第三高等学校(1894年創立)で使われていた物理学の実験機器や生物・鉱物の標本、教育掛図等、約80点を展示している。明治時代には、「science」という外来語の招来とともに近代的な「自然科学」がもたらされ、教育を通じて定着していく。会場では、力学・音響学・熱学・光学・電磁気学の分野で使われた実験機器を見ることができる。いまではあまり見ることのないものばかりだが、幾何学的な形をした部位で構成される器具は、ひとつのオブジェにも見える。これはもちろん、まず実用的な目的を満たした科学器具なのではあるが、そのこと自体が「美」をもたらしている。メタリックな輝きを放ちながら、幾何学性をもって形成される天体経緯儀なども例外ではない。展示品を通覧して驚くのは、当時の最高技術をもって精巧につくられた道具がもつこうした機能的な美しさである。これは現代の私たちが知る、工業製品のデザインの「機能美」に通じる。見る人に新しい見方を提示してくれる展覧会。[竹内有子]

2015/01/05(月)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00028838.json l 10106864

2015年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ