2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:Exhibition as media 2014 phono/graph ─音・文字・グラフィック─

2015年03月01日号

会期:2015/03/21~2015/04/12

神戸アートビレッジセンター[兵庫県]

「音・文字・グラフィック」の関係性の研究と、それを取り巻く現在の状況を検証しながら形にすることを目的とするプロジェクト。2011年にdddギャラリー(大阪、現在は京都)で第1回の展覧会が行われ、その後、ドイツ、名古屋、京都、東京での開催を経て、この度の神戸展となった。今回は神戸アートビレッジセンターが有するシルクスクリーン工房の機能を生かした展開が披露される予定だ。参加作家は、鈴木大義、城一裕、藤本由紀夫、八木良太、ニコール・シュミット、intext、softpadの7組。なお本展は、神戸アートビレッジセンターとアーティストが企画立案から実施までを協働する展覧会「Exhibition as media(メディアとしての展覧会)」(2007年~)の今年度版である。

2015/02/20(金)(小吹隆文)

2015年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ