2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

1950-70年代の阪神間スタイル

2015年03月01日号

会期:2015/01/17~2015/04/07

神戸ファッション美術館[兵庫県]

大阪と神戸の間にある地域を阪神間と呼ぶが、海と山があり気候は温暖、文化的にも戦前から発展をしてきた土地柄。本展では、田中千代、原田和枝、上田安子、石津謙介、コシノヒロコら関西のデザイナーの作品を中心に、戦後における阪神間のファッション・スタイルが紹介されている。戦後、洋裁学校が矢継ぎ早に開校して、指導者たちは西洋の動向を取り入れてゆく。田中千代がクリスチャン・ディオールのデザインを鐘紡の生地で製品化していく試みなどの資料を見ると、当時におけるパリのファッションの影響力の大きさがよくわかる。60年代の文化的な様相をよく表わすのが、田中千代学園の創立35周年ショー「江戸からSpace Ageへ」の写真(展覧会チラシ)。江戸の紋様と60年代の未来感覚が違和感なく同居しているのが面白い。また、石津謙介のVANのアイヴィー・スタイルなど、60年代のトラッドな男性ファッションのベクトルも興味深い。同時代の広告・ポスターや化粧品等その関連資料が展示されているから、女性性と男性性の違いについて多分に実感できる。デザイナーの意気込み溢れるファッションを通じて、時代の雰囲気を感じとることができる展覧会。[竹内有子]

2015/02/20(金)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00029144.json l 10107956

2015年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ