2019年09月01日号
次回9月17日更新予定

artscapeレビュー

ロンドン建築フェスティバル(LFA)」とその周辺

2019年07月15日号

会期:2019/06/01~2019/06/30

[イギリス、ロンドン市]

6月1日から30日は「ロンドン建築フェスティバル(LFA: London Festival of Architecture)」の期間であり、さまざまな場所で同時多発的に建築系のイヴェントや展覧会が開催されている。今年のテーマは「境界」である。滞在中にいくつか遭遇したので、ここで紹介しよう。

ヴィクトリア&アルバート博物館の建築セクションでは、常設展示とのコラボレーション企画がなされていた。常設は三列の構成(構造、プログラム、歴史・地域)によって異なる視点から建築を切りとるが、中央の列の模型ケースの上部にそれぞれ触発され、建築家が構想した紙の模型をのせている。



常設展示のイスラム建築の真上に、LFAのザハによる新作模型がのる


KHBT《LUNCH BREAK》

企画展の「A Home for All: Six Experiments in Social Housing」は、テクトン、ニーブ・ブラウン、ラルフ・アースキンほか、ロンドンにおける社会実験を伴う戦後の6つの集合住宅を振り返る好企画だった。またセントポール寺院やザ・バンクに近い中心部では、ベンチを街中に置くプロジェクト、屋外の空間インスタレーション、ギルドホールのギャラリーでは絵画に描かれた建築展、また倉庫をリノベーションしたヘイズ・ギャレリアでは、建築の環境を解説するパネルを展示していた。


企画展「A Home for All」より、ニーブ・ブラウン《アレクサンドラ・ロード》


ギルドホールにおける「ベンチプロジェクト」の紹介


「ベンチプロジェクト」に出品されたサラ・エミリー・ポーターの作品


ヘイズ・ギャレキリアのパネル展示

短い日数ではとてもすべてをまわりきることができないほど、総数は多いのだが、それぞれは小さな規模であり、ものすごく目立つというわけではない。なお、LFAのプログラムに含まれるかどうかは判然としなかったが、以下のような展示も行われていた。ひとつはAAスクールで教鞭をとる建築家・江頭慎の展覧会「BEAUTIFULLY INCOMPLETE」である。今の流行と関係なく、レオナルド・ダ・ヴィンチのような美しいスケッチ、ドローイング、模型によって、人と密接に関わる建築的な機械をデザインしていた。また今年の「サーペンタイン・パヴィリオン」は、石上純也による浮かぶ石の屋根が話題になっている。まわりのランドスケープを読み込み、そこから生まれる屋根のラインが美しい。日本の公園ではおそらく実現できないカフェ建築として活用されていたのもよかった。



江頭慎「BEAUTIFULLY INCOMPLETE」の展示風景


石上純也が「サーペンタイン・パヴィリオン」に設計した石の屋根

2019/06/27(木)〜29(土)(五十嵐太郎)

2019年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ