2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

ウラサキミキオ展

2010年05月01日号

会期:2010/03/29~2010/04/03

ギャラリイK[東京都]

画家・ウラサキミキオの新作展。自室のある一点から見渡した光景を描き分けた前回の個展と比べると、その視線の範囲がかなり外側に押し広げられたようで、じっさい画面上には青々とした樹木の緑が目立っている。ウラサキの絵の特徴は写実的な光景の上に、それらとは直接関係しない方法で、白い影のような物体を貼りつけるデカルコマニーにあるが、その白い影もよりいっそう奔放に貼りつけられていたようだ。画面を成立させようとする求心力とそれらを破綻させかねない遠心力がせめぎあいながら辛うじて治まる、危うい均衡がウラサキの絵画の魅力である。

2010/04/01(木)(福住廉)

2010年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ