2019年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

永原トミヒロ展

2010年05月01日号

会期:2010/03/29~2010/04/10

コバヤシ画廊[東京都]

人影のない街並みを青白く描いた平面作品。三叉路や電柱などモチーフは日常的なものだけれど、場所が特定できないばかりか、朝もやなのか夕暮れなのか、時間も定かではない、不思議な絵だ。おのずと死の光景を連想させるが、たとえば正木隆と似て非なるのは、正木隆の絵には重力から解き放たれたかのような浮遊感があるのにたいし、永原の絵にはむしろ地面がしっかりと描かれ、その重力の圏内で水平的に見た死の光景だからこそ、とてつもないリアリティを感じるのかもしれない。

2010/04/01(木)(福住廉)

2010年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ