2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

荒木経惟「センチメンタルな旅─コンプリート・コンタクトシート」

2016年07月15日号

会期:2016/05/25~2016/07/23

IMA gallery[東京都]

1971年に限定1,000部の私家版として世に出た荒木経惟の写真集『センチメンタルな旅』。陽子夫人との新婚旅行の一部始終を捉えたこの“幻の写真集”のコンタクトシート全18枚、653カットを公開している。関西、九州方面だろうか、行く先々の風景に、電車のなか、ホテルや旅館の部屋、ベッドや布団の上にもカメラを向け、妻はときにヌードで、ときに行為中の淫らな姿も見せている。この写真集で印象的なことのひとつは、陽子夫人がずーっと無表情というか、むしろ不機嫌そうな顔しか見せていないこと。いくらなんでも新婚旅行で笑顔ひとつ見せないのは不自然なので、きっと笑顔の写真はカットされたんだろうと思っていたが、ざっと見たところ笑顔はほとんどなかった。だとすれば、本当に笑顔を見せなかったか、笑顔は見せたけど撮らなかった(撮らせなかった)かのどちらかだ。どっちにしろ不自然だが、この不自然さは新婚旅行中ふたりが「新婚旅行」を演じていたからかもしれない。劇場型犯罪ならぬ劇場型写真。これが「劇写」ってやつか?

2016/06/01(水)(村田真)

2016年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ