中村好文《伊丹十三記念館》:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

中村好文《伊丹十三記念館》

2016年07月15日号

[愛媛県]

竣工:2007年

黒い焼杉による外壁が印象的な《伊丹十三記念館》へ。中村好文らしい落ち着いた、品のある上質の空間であり、中庭を囲む小さい建築だ。なお、展示デザインも中村が担当し、細やかさが感じられる。また伊丹の愛車を入れた別棟の小屋も、中村らしさがある。伊丹はマルチに活躍した人物だったが、まだまだ彼の知らない側面をいろいろと発見できる展示である。彼が映画を鑑賞しながら製作したメモが興味深い。この建物のすぐ近くに、伊東豊雄による《松山ITMビル》が建っていた。

写真:左=上から2つ《伊丹十三記念館》 右=上から、《伊丹十三記念館》、《松山ITMビル》

2016/06/19(日)(五十嵐太郎)

2016年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ