プレビュー:Art Court Frontier 2016 #14:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:Art Court Frontier 2016 #14

2016年07月15日号

会期:2016/08/20~2016/09/24

ARTCOURT Gallery[大阪府]

「Art Court Frontier」は、キュレーター、アーティスト、ジャーナリスト、批評家などが1名ずつ出展作家を推薦し、関西圏の若手作家の動向を紹介する目的で2003年に始まったアニュアル企画。2015年からは、作家数を約10名から4名に絞ることで、各作家の展示スペースが拡大され、ショーケース的な紹介から一歩進んで、4つの個展が並置されたような充実感が感じられるようになった。
筆者は、今年の推薦者として本企画に関わっており、2016年6月15日号と2015年7月15日号の本欄で取り上げた、写真家の金サジを推薦させていただいた。彼女が近年取り組む「物語」シリーズの作品が、2回の個展を経てどう深化した姿を見せるのか、期待がふくらむ。他の出展作家(括弧内は推薦者)は、迫鉄平(表恒匡:フォトグラファー)、水垣尚(堀尾貞治:アーティスト)、鷲尾友公(北出智恵子:金沢21世紀美術館学芸員)。写真、映像、インスタレーション、絵画や立体と表現媒体もさまざまな4名を通じて、何が見えてくるだろうか。

関連レビュー

金サジ「STORY」:artscapeレビュー
金サジ「STORY」:artscapeレビュー

2016/06/27(月)(高嶋慈)

2016年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ