2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

Open Storage 2014─見せる収蔵庫─

2014年12月01日号

会期:2014/11/08~2014/11/24の金土日祝

MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)[大阪府]

大阪市のベイエリアに位置する住之江区の北加賀屋。この一帯は工業地帯だが、産業構造の変化に伴い、近年は工場・倉庫の空き家が増えている。そうした施設をアートで再生させたのが本展である。「オープン・ストレージ」とはミュージアムでは展示し切れない膨大なコレクションを、研究・鑑賞などの目的で限定的に公開する施設や鑑賞ツアーなどを指す言葉だ。欧米で始められたものだが、日本ではほぼ前例がないという。会場には、ヤノベケンジの《ジャイアント・トらやん》や《ラッキー・ドラゴン》をはじめとする巨大彫刻、やなぎみわの《「日輪の翼」上演のための移動舞台車》、久保田弘成の《大阪廻船》、宇治野宗輝の《THE BALLAD OF EXTENDBACKYARD》などの巨大メカ系作品が並び、金氏徹平は新作の公開制作を行なった。かつて日本の高度成長を支えた重厚長大産業の遺構が、時を経て芸術作品の発信地へと再生した事実が感慨深い。主催者のおおさか創造千島財団では、今後も同スペースをオープン・ストレージや大作の制作場として活用していく予定だという。近年停滞気味の大阪のアートシーンを活性化する意味でも、有意義な試みとして評価したい。

2014/11/07(金)(小吹隆文)

2014年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ