2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

ヴァロットン──冷たい炎の画家

2014年07月15日号

会期:2014/06/14~2014/09/23

三菱一号館美術館[東京都]

ヴァロットンは美術史の主流に躍り出ることはなかったけど、知る人ぞ知る、ある意味もっとも「おいしい」立場にいる画家かもしれない。その微妙な立ち位置や、一風変わった造形的センスは、同じスイスのホドラーやバルテュスとどこか似ている。この3人が今年日本で紹介されるというのも偶然ではないだろう。肖像画家から出発したという端正な人物画をはじめ、浮世絵の影響が指摘できそうな大胆な構図の風景画、ときおりマンガチックな木版画、古典的なのに斬新なヌード画まで、けっこう楽しむことができた。こういう埋もれかけた画家をもっと発掘してほしいものだ。

2014/06/17(火)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00026660.json l 10101126

2014年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ