2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

artscapeレビュー

村岡三郎へのオマージュ

2014年02月01日号

会期:2014/01/12~2014/01/31

galerie 16[京都府]

昨年7月に逝去した美術家・村岡三郎を偲び、17作家がオマージュを捧げた。作家名を挙げると、今井祝雄、植松奎二、遠藤利克、柏原えつとむ、河口龍夫、小清水漸、庄司達、建畠晢、戸谷成雄、福岡道雄などそうそうたる面々で、村岡の交友関係と影響力の大きさが改めて感じられる。作品は新作と旧作が混在していたが、一観客としては1970年代の作品を出品した植松奎二のように、美術史の流れのなかで自身と村岡の関係を意識させる作品に見応えを感じた。また村岡の作品も出品されたが、代表作ではなく、自身が普段は用いないジャンルの作品を出品する企画展のために描いた絵画作品が選ばれていた。これは村岡流の諧謔精神を意識した演出だろうか。いずれにせよ趣味のよいセレクトだった。

2014/01/14(火)(小吹隆文)

2014年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ