2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

artscapeレビュー

北澤憲昭『美術のポリティクス──「工芸」の成り立ちを焦点として』

2014年02月01日号

発行日:2013年7月25日
発行所:ゆまに書房
価格:1,800円(税別)
サイズ:19 x 13 x 2cm、198ページ


美術の「政治/政治学」と書名にある通り、〈文化の政治学〉を視角として、近代日本における芸術ジャンルの形成・成立とそこに存在したヒエラルキーをめぐる思索が展開された書。同書は北澤が述べるように、自身の「工芸論の決定版」という構想のもと構成された。第1章「『美術』の形成と諸ジャンルの成り立ち」は『境界の美術史』(2000)から、第2章「美術とナショナリズム/ナショナリズムの美術」と第3章「工芸とアヴァンギャルド」も既刊テキストからの再出である。明治期のウィーン万国博覧会を契機として、「美術」という言葉が日本にもたらされる。以来、当初は諸芸術を意味していたものが視覚芸術(なかでも絵画)に限定されていく経過が、「工芸」等の類語の概念と形成、美術制度の検討を絡めて記されている。旧来の「美術」概念を現代的視野から問い直す、工芸・デザインを学ぶ人には必読の書。[竹内有子]

2013/01/11(土)(SYNK)

2014年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ