2022年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

「クリエイションの未来展」第6回 宮田亮平監修「いきものたち」展

2016年02月01日号

会期:2015/12/05~2016/02/23

LIXILギャラリー[東京都]

4人のクリエーターを監修者に迎え、3カ月ごとの会期でそれぞれが設定したテーマによって開催される「クリエイションの未来展」。2014年9月から同じ監修者で始まった企画展が一巡し、2015年9月から2巡目が開催されている。9月に開催された第5回では、清水敏男氏(アートディレクター)を監修者に「未来食 食に関する3つのストーリー」と題して、間島領一氏のまな板にのった深海魚のオブジェや、謝琳氏の砂糖を用いた彫刻の写真が展示されたほか、農学博士・品川明氏を交えて食を巡るトークが開催された。深海魚は地上の食料が枯渇するであろう未来の食、そして砂糖は甘いそのイメージとは裏腹に、奴隷制の歴史を背負った食べ物だ。
シリーズ第6回は宮田亮平氏(金工作家)の監修による「いきものたち」。3カ月の会期を金属と木彫の二期に分けている。第一期(金属)では宮田亮平氏、丸山智巳氏、相原健作氏らの作品、第二期(木彫)では、深井 氏、土屋仁応氏、中里勇太氏ら、いずれも東京藝術大学出身作家による幻想的なイメージの彫刻が並ぶ。それぞれの作家にとっての「いきもの」の解釈の違いが興味深い。[新川徳彦]

2016/01/15(金)(SYNK)

2016年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ