2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

山本太郎 展~ニッポン画物見遊山~

2009年07月01日号

会期:2009/05/22~2009/06/14

美術館「えき」KYOTO[京都府]

日本画ならぬ“ニッポン画”を提唱し、伝統的画題と現代の風俗がハイブリッドした独自の絵画世界を創造する山本太郎が、30代にして活動10周年を記念した回顧展を開催。といっても大上段に構えたものではなく、「歌手がベストアルバムを出すような感覚」(本人談)らしい。とはいえ、過去の代表作が一堂に会した現場を見て、思う所が幾つかあった。まず画題の変化。パロディ色が前面に出た初期作品に対し、近年の作品では謡曲に題材を取るなど、作風に渋みが増している。次に技量。私が言うのも僭越だが、新旧作品を見比べると明らかに腕前が向上している。そしてホスピタリティ。残念ながら私は見られなかったが、会期中に数々のイベントが催され、何度も自身の言葉で作品が説明された。山本は以前から、芸術家ではなく“絵師”として生きることを意識的に選択した旨語っていたが、本展により初めてその言葉をリアルに受け止められた。百貨店の美術館という微妙なロケーションも、彼にとっては格好の場と言うべきである。

2009/05/26(火)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00004991.json l 1206146

2009年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ