2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

やなぎみわ 婆々娘々!

2009年07月01日号

会期:2009/06/20~2009/09/23

国立国際美術館[大阪府]

現在開催中の「第53回ヴェネチア・ビエンナーレ」に日本館代表として参加しているやなぎみわ。同時期に始まった本展では、ビエンナーレの出品作《Windswept Women》が現地とほぼ同じ状態で出品されている。天地4メートル×幅3メートルの大画面に、胸をはだけて踊り狂う女性たちの巨像が写し出された作品5点だ。作品からは大地母神のごとき威厳と大衆芸能的な胡散臭さの両方が感じられるが、その両義性こそやなぎみわワールドの本質といえる。虚と実、老と幼、生と死、善と悪……。アンビバレントな要素が絶妙の配合でブレンドされ、観客の内面に激しい揺さぶりをかけるのだ。本展では、ほかにも《マイ・グランドマザーズ》シリーズ26点と映像作品《Birthday Party》、《Fairy Tale》シリーズから13点も出品されている。回顧展とまでは言えないものの、これまでに開催されたやなぎの個展でもっとも充実した内容であることは間違いないだろう。

2009/06/20(水)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00005000.json l 1206154

2009年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ