2022年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

草月いけばな展[赤と黒]

2009年07月01日号

会期:2009/06/04~2009/06/09

新宿橋高島屋11階[東京都]

草月流のいけばな展。会場は全体的に赤と黒で統一され、そのなかで家元である勅使河原茜をはじめ、数多くの作品が発表された。一般的な生け花の固定観念をいとも簡単に覆されるほど、いずれの作品も奇抜であり、ゴテゴテのバロックというべきか、キッチュのてんこ盛りというべきか、破天荒きわまるものばかりだった。そうしたなか、ひときわ際立っていたのが、黒い長靴にバンブーをいけた大久保春霞(後日訂正。長靴は、陶製の花器で、バンブーのように見えたのは砥草[とくさ]らしい)。周囲のように足し算ではなく、引き算の発想が潔い。

2009/06/8(月)(福住廉)

2009年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ