2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

畠山浩史 写真展『きみへつながるもの語り』

2009年07月01日号

会期:2009/06/01~2009/06/13

Gallery Vie[兵庫県]

神戸から故郷の熊本へと移住した畠山が、近況を伝える写真展を開催。のんびりした空気と濃い緑に包まれた故郷で、地域の人々と新たな関係を構築しつつある彼の様子が生き生きと伝わってきた。親から自分へ、そしてやがて生まれてくる彼の子どもへと受け継がれて行くであろう物語を、慈しみに満ちた眼差しで捉えているのだ。部外者であるわれわれにも、その息づかいがリアルに伝わってきて、ほっこりとした柔らかい空気に包まれる。作品に充満する“愛しさ”が畠山作品の何よりの魅力だ。

2009/06/07(日)(小吹隆文)

2009年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ