2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

木津川アート2011「明日への記憶」

2011年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/11/03~2011/11/13

京都府木津川市の木津本町エリア、上狛エリア、加茂エリア[京都府]

昨年に続き2年連続で開催された「木津川アート」。今回は会場を一部変更して、木津・本町、上狛、加茂の3カ所を会場に設定。各エリアをJRやシャトルバスで結ぶ形式となった。地域に残る価値のある建築物や空きスペースを有効活用して現代アート展を行なうのが本展の特徴だが、木津・本町の奥鉄工所(伊吹拓と林和音が出品)と、加茂の加茂JA倉庫(長谷川政弘、tagiruka、竹股桂が出品)は出色の出来栄え。ほかにも質の高い展示が数多く見られ、充実した内容となった。また、地域住民との良好な関係も好印象を残した。来年以降の継続は未定だが、この2年間の成果を生かさないのはもったいない。なんらかのかたちでアートプロジェクトが継続することを望む。

2011/11/03(木)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2011年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ