2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

アンリ・サラ

2011年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2011/10/14~2011/11/10

KaiKaiKiKiGallery[東京都]

アルバニア生まれのアーティスト、アンリ・サラの個展。スネアドラムをモチーフとした立体作品と、3本の映像作品などが発表された。映像には、ビルの屋上でサックスを吹く黒人男性やさまざまな人たちが手回しのオルガンを弾いていく様子が映し出され、それぞれ無関係に進行していくものの、次第に映像と音楽が共振してゆき、やがて穴の開いたオルガンの楽譜と灯りのついた高層マンションの窓が重なり合うシーンで完全に一致する。音楽と映像の奇跡的な同期。サッカーボールを頭の上に乗せてバランスを取る最後のシーンが象徴していたように、アンリ・サラが見せようとしていたのは、その危うくも魅力的な瞬間なのだろう。

2011/10/28(金)(福住廉)

▲ページの先頭へ

2011年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ