2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

artscapeレビュー

日本とアメリカ合衆国の協同制作 宮本ルリ子 キャサリン・サンドナス

2015年06月01日号

会期:2015/05/19~2015/05/24

ギャラリーすずき[京都府]

日米2人の陶芸作家が、両国にまつわる歴史をテーマにした作品を発表した。出品作品は6点。うち5点は本のオブジェで、透光性の高い信楽透土で成形した本の見開き部分にさまざまな色の砂がまぶされ、「9.11」(アメリカ同時多発テロ事件)、「3.11」(東日本大震災)などの日付が打たれている。他の日付は、真珠湾攻撃、広島と長崎への原爆投下、終戦記念日、サンフランシスコ条約締結などである。オブジェの表面に付着した砂は、それぞれの事柄が起こった場所で採集したものであり、残る1点の作品(皿)に盛って観客が触れる。本作のテーマは「歴史の共有」だが、特定の政治的・歴史的メッセージを声高に叫ぶようなものではない。むしろ沈黙をもって観客の内省に訴えかけるところがあり、空間を満たす深い静寂が印象的だった。

2015/05/19(火)(小吹隆文)

2015年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ