2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

いぬ・犬・イヌ

2015年06月01日号

会期:2015/04/07~2015/05/24

松濤美術館[東京都]

昨春は「猫」だったが、今春は「犬」。埴輪の犬から現代の作品まで、犬をモチーフとした日本の絵画・彫刻作品が並ぶ、犬づくしの展覧会。渋谷といえばハチ公。安藤照による初代ハチ公像の試作像もある。中島千波《春爛漫のボンボンとアンジェロ》、畠中光享《花と犬》は、本展のためにイヌを主題に描かれた特別出品作品。見て楽しいのは、第三章「かわいい仔犬」。応挙、蘆雪、仙崖らの描く仔犬たちの姿に悶絶する。第五章「みんなが知っているイヌたち」で目を惹くのは西郷隆盛像。床次正精、服部英龍、作者不詳の3作が出品されているが、いずれも連れている犬の種類が異なるようだ。鰭崎英朋による講談社絵本「花咲爺」原画に描かれた犬は動物としての姿で描かれるが、斎藤五百枝「桃太郎」原画では犬は具足を付けて立ち、しかし顔や手足はリアルな犬として描かれているところが面白い。「犬追物図屏風」(江戸時代)は武士が武芸の鍛錬のために犬を獲物として追う催事「犬追物」を描いたもの。「人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友」が展覧会のサブタイトルであるが、彼らはつねに友として相当に扱われてきたわけではないらしい。[新川徳彦]

関連レビュー

ねこ・猫・ネコ:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2015/05/15(金)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00030223.json l 10111360

2015年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ