2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

芦澤竜一《セトレ マリーナびわ湖》

2015年12月15日号

twitterでつぶやく

[滋賀県]

竣工:2013年

芦澤竜一が設計した《セトレ マリーナびわ湖》を訪れた。水辺に位置し、生態系の一部として建築をつくるが、街から外れた自然の風景のなかにあるわけではなく、周囲にはホテルや商業施設がある。コンクリートの斜柱、折面のスラブ、左官の技術を組み合わせたユニークかつ力強い造形だ。山の風景と呼応する屋上の小山群も印象的である。また結婚式のためのチャペルでは、空間全体を楽器に変えており、エオリアンハープの仕組みによって、風の流れを可聴化する試みが興味深い。
写真:上=《セトレマリーナびわ湖》、下=チャペル

2015/11/02(月)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ