2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

《十和田市民交流プラザ》

2015年12月15日号

twitterでつぶやく

[青森県]

竣工:2015年

商店街を歩くと、近藤哲雄によるpodなどのストリートファニチャーも新しく点在している。そして隈研吾による《十和田市民交流プラザ》は、小さな家型の集合体を「鉄板」のルーバーで包む(鉄ではなく、杉を使う。念のため)。内部は、外観からは想像できないほど、小さな街のように複雑に空間が展開する。午後は、ここで恒例のJIA東北住宅大賞の公開審査を古谷誠章と共に行なう。今年は例年より多い35作品の応募があり、賞の継続ゆえに、そのレベルもさらに上がっている。学生の作品と違い、プロの建築家が設計した住宅。しかも本人たちの目の前で現地審査対象作品を絞り込む作業は大変である。
写真:左上=隈研吾《十和田市民交流プラザ》(外観)、左中/左下/右下=同(内観)、右上=近藤哲雄《pot》、右中=日高恵理香《商店街の雲》

2015/11/21(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ